ざくろジュース

ざくろジュース

ざくろジュース

このページは「お茶やコーヒーにあうミネラルウォーターとは 」の情報コンテンツです。
ざくろジュース > お茶やコーヒーにあうミネラルウォーターとは

豆知識

お茶やコーヒーにあうミネラルウォーター

お茶やコーヒーなどは、使う水の種類によっても味が変わります。高価な水がよいワケではなく、それぞれに合った水がありますのでうまく使い分けることが大切です。

お茶には軟水が最適

普段は特に気にすることもなく、水道水を使ってお茶をいれてる方が多いと思いますが、実は使用する水によっても味が変わってきます。基本的にまろやかな軟水がお茶には向いていますが、硬度によってもう少しきめ細かい使い分けを行います。お茶を大きく分けると旨味を味わう日本茶と香りを楽しむ中国茶や紅茶に分けられます。水の硬度が高くなるにしたがって、旨味は抽出されにくくなります。逆に硬度が低くなると香りが抽出されにくくなります。なので、旨味を味わう日本茶は硬度が低く、香りを楽しむ中国茶や紅茶は硬度が低すぎない水を使うとよいでしょう。

具体的には日本茶には硬度50mg/L程度の軟水、紅茶や中国茶には50~100mg/L程度の軟水~中硬水の水が適しています。また、紅茶の場合、硬度が低いと色が淡く味や渋みが引き立ちます。高いと色が濃く渋みが抑えられてまろやかになります。茶葉の品種によって水を使い分けると、さらに紅茶の魅力を味わえるでしょう。

コーヒーにあう水を選ぼう

コーヒーの場合も基本的に軟水を使いいます。ただ、豆を挽いたコーヒーをいれる場合、コーヒーの粉が活性炭のような役割をして、ミネラルなどを吸着するので、お茶ほど水の影響はないと言えます。一般的には、軟水を使うと酸味が強く引き立つと言われます。また、カルシウムが多いとコーヒーの苦みががやわらぎ、マグネシウムが多いと渋みや苦みがより強くでます。具体的にはマイルドな苦みにしたい場合は100mg/L程度の軟水を、苦みと香りを強くしたい場合は200mg/L程度の中硬水がいいでしょう。

焙煎によっても変わってきます。焙煎が深くなるにつれて酸味が弱まり、苦みは強くなるので、焙煎の浅い豆には軟水を、深い豆には少し硬度の高い水がおすすめです。

ざくろジュース 激安通販