ざくろジュース

ざくろジュース

ざくろジュース

このページは「九州の名水とは 」の情報コンテンツです。
ざくろジュース > 九州の名水とは

豆知識

九州の名水

九州の中心には世界最大級のカルデラを持つ阿蘇山がそびえ立ち、九州山地を源流として河川も多く、名水が各地にあります。1985年に環境省が選定した名水百選には18、2008年に選定された平成の名水百選には11もの名水が選定されています。

香椎宮の不老水(福岡)

香椎宮の飛び地である不老水大明神の境内に湧く湧水で、名水百選に選ばれています。大和朝廷で大臣として四代の天皇に仕え、300年もの長寿を全うしたと言われる武内宿禰が、仲哀天皇と神功皇后に献上するご飯に使ったと伝えられる湧き水です。はじめは「御飯(おいい)の水」「老の水」と呼ばれましたが、奈良時代に「不老水」と名付けられました。

竜門の清水(佐賀)

佐賀県立自然公園である黒髪山からの湧き水で竜門ダムへと流れています。名は地名の竜門峡からきており、名水百選の一つです。この地域は鎮西八郎為朝の大蛇退治の伝説で有名なところです。黒髪山周辺の地名には、大蛇の住処であった龍門の岩屋など、伝説をうかがわせる名前が残っています。

浜の川湧水(長崎)

背後に雲仙岳、前方に有明海を有する長崎県島原市には市内の至る所に湧水があります。それらのほとんどは200年前の雲仙岳の噴火によって現れたそうです。島原湧水群は名水百選に選ばれており、湧水群を代表する一つが浜の川湧水です。食品、食器、洗濯場と洗い場が分けられています。湧水は夏は冷たく、冬は温かく感じられます。

長小野湧水(大分)

祖母山や久住連山、阿蘇に囲まれた竹田市は水どころの大分でも有数の名所です。この地域の竹田湧水群は名水百選の一つ。中でも長小野湧水には鳴滝と塩井の二つの湧き水があり、名水として有名です。鳴滝神社の境内にある鳴滝湧水は不治の病が治ったという伝説があります。塩井湧水には牛馬にここの水を飲ませると元気になったと言い伝えが残っています。

白川水源(熊本)

阿蘇高岳の阿蘇村にある湧水で、白川吉見神社の境内からは大量の水が湧き出ています。名水百選の一つです。ここは熊本市内を流れる白川の水源になります。「せいしょこさん」と呼ばれ親しまれている戦国武将の加藤清正は白川の大規模な治水工事を行い、現在でもその一部は活かされています。

出の山湧水(宮崎)

宮崎県小林市にある出の山湧水は、一日に8万トンもの豊富な湧水量を誇る名水百選に選ばれた名水です。古くから飲料水としてだけでなく、農業、養殖漁業などにも利用され、土地の人々の命の水となってきました。この湧水には伝説があります。

約2000年前、熊襲を平定した景行天皇はその帰途にこの地に立ち寄りました。土地の娘である泉媛(いずみひめ)が献上した湧き水のおいしさに感動します。その後二人は恋に落ちますが、やがて天皇は都に帰り、娘はかなわぬ恋の苦しさに湧水のため池に身を投げてしまいます。娘は蛇に化身し、水の神として今も湧水を守り続けているそうです。

霧島山麓丸池湧水(鹿児島)

鹿児島県湧水町の丸池は湧水をせき止めた池で、名水百選の一つです。湧水量は豊富で、昔は鯉の養殖や農業用に使われるくらいでその多くはもったいないことに川に流されていたそうです。現在ではこの湧き水を減菌処理した水が水道水として使われています。名水を水道水として利用するという何とも贅沢な使い道です。

ざくろジュース 激安通販