ざくろジュース

ざくろジュース

ざくろジュース

このページは「硬水と軟水の違いを知ろう 」の情報コンテンツです。
ざくろジュース > 硬水と軟水の違いを知ろう

豆知識

硬水と軟水の違いを知ろう

見た目は変わらないように見える水も、飲んでみると、まろやかだったり、飲みにくく感じたりと、なんとなくでも違いが感じられるでしょう。水にも硬い、軟らかいがあるのです。

硬水と軟水

日本の水ではなかなか感じることができませんが、海外のミネラルウォーターを飲んだときに、飲みにくいような、重たいような感覚を経験したことはないでしょうか。水には「硬度」があります。これは水1L中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表した数値です。WHOが基準を定めており、120mg/L以下を軟水、それ以上のものを硬水といいます。一般的に硬度が低いとまろやかで飲みやすく、高いと重く飲みにくい水となります。この重々しい風味はマグネシウムによるものです。

どうして硬水と軟水ができるのか

一般的に天然水とは、雨や雪が地中にしみ込んで、地層によってろ過され、ごみや汚れを取り除き、代わりにミネラルを吸収して湧き出したものをいいます。地層にカルシウムやマグネシウムの成分が多く含まれているほど硬水になります。また、長く地層に浸透すればするほど、硬度が高くなると言われます。日本は国土が狭く、高い山も少ないので、浸透する時間が短く、軟水が多いのですが、ヨーロッパでは硬度の高い天然水が採取されます。

硬水と軟水の基準値

水の硬度については、WHOが基準値を定めています。

硬度の計算式
硬度=(カルシウムmg/L×2.5)+(マグネシウムmg/L×4.1)

この計算式で硬度を産出しています。硬度が120m/L以上が硬水、未満が軟水となります。さらに細かい分類もあり、0~60mg/L未満は軟水、60~120mg/L未満は中軟水、120~180mg/L未満は硬水、180mg/L以上は超硬水とされます。

軟水はくせがなくまろやかで、お茶やコーヒー、料理に適しています。マグネシウムが少ないので、赤ちゃんの粉ミルクにも最適です。硬水は独特な苦みと重々しさが感じられますが、健康管理のためのミネラル補給に適しています。

ざくろジュース 激安通販