ざくろジュース

ざくろジュース

ざくろジュース

このページは「悩ましい不妊の問題 」の情報コンテンツです。
ざくろジュース > 悩ましい不妊の問題

豆知識

ご夫婦の1割は不妊に悩んでいます

不妊に悩むご夫婦はたくさんいらっしゃいます。あまり思い詰めずににお医者さんと相談して、ゆっくりと治療を行っていきましょう。

1.不妊症とは

不妊症の定義としては、正常な夫婦生活があるのに、2年以上妊娠にいたれない状態です。2年で90%が妊娠にいたるという統計データからこのように定義されています。ということは、1割が不妊に苦しんでいるということです。昔は不妊の原因は女性にあるという考え方が強く、妊娠にいたらない奥さんは離縁されることも多々ありました。しかし、不妊の原因は当然男性側にもあり、だいたい半々の割合です。

2.男性側が原因の不妊

男性側に原因のある不妊としては、無精子症など精子がない、あるいは数が少なく、精子が未成熟である。また、精子の通り道に障害があることがあります。精子の製造機能、輸送機能に問題がある場合が不妊原因の大部分を占めます。

3.女性側が原因の不妊

女性側に原因があるケースとしては、ホルモンバランスが悪く卵子が未熟であったり、卵管の輸送機能に問題のあるケース、子宮内膜症などにより子宮内に着床しにくい。また、生理不順などが原因となります。最も多いのは、女性ホルモンの分泌が悪くホルモンバランスが崩れ、卵子の生育に問題があるものです。

4.不妊治療について

不妊の原因が明確であれば、その治療を行うことになりますが、原因が特定できない場合は、タイミング療法を行います。タイミング療法とは、基礎体温を測ったり、血中のホルモンを測定することで、排卵の時期を予測して性交渉を行います。時間はかかりますが、費用も安く、効果的な療法と言われています。それでも妊娠にいたらない場合は人工授精という方法もあります。

5.人工授精について

人工授精は、元気のよい精子だけを遠心分離器などで選別して、注射器のような器具を用いて子宮内に注入します。精子と卵子を体外で人工的に授精させ、受精卵を子宮内に戻す体外受精も行われています。昔は倫理的な問題が叫ばれていましたが、技術の進歩、考え方の変化により、今では日本国内で毎年1万人近くの赤ちゃんが人工授精の技術の利用して誕生しています。かなり一般化してきましたが、多くは保険がきかず、費用の負担が大きいという問題はあります。

ざくろジュース 激安通販