ざくろジュース

ざくろジュース

ざくろジュース

このページは「園芸としてザクロを楽しむ方法 」の情報コンテンツです。
ざくろジュース > 園芸としてザクロを楽しむ方法

豆知識

園芸としても人気のざくろ!食べるだけではなく見て眺めて楽しむ

ざくろは食べて飲んで楽しむだけではありません。園芸の樹木として楽しむこともできます。盆栽としても古くから親しまれているざくろについてご紹介します。

1.観賞用としてのざくろの特徴

ざくろは日本ではなじみ深い樹木で、昔から庭によく植えられていました。幹にはこぶ状の突起ができるため、決して美しくはありませんが、そのでこぼこが風格を感じさせます。また、ざくろは幹がねじれやすく、そのため盆栽にもよく利用されます。もちろん自然にもねじれますが、人工的にかっこよくねじらせることで、風格や威厳がでてきます。花は朱色の大きなもので、非常に見栄えがします。ざくろには花ざくろと実ざくろがありまして、食用として利用されるのが実ざくろで、花ざくろは花びらが多く観賞用として親しまれています。

2.ざくろの育て方

ざくろは世界中で栽培されているように、比較的場所を選ばず、容易に育てることができます。注意する点としては、日当たりと風通しのよさです。虫には強い方ですが、日当たりが悪く、湿気の多いところで育てると、虫がつきやすくなります。剪定は、他の樹木と同じ感覚ですると、花つきが悪くなります。できるだけ放任して、剪定は必要最上限にとどめるのがよいでしょう。剪定を行うと花芽を切り取ったり、花芽のつく枝が伸びにくくなるためです。枝が伸びすぎたり、込み入ってくると風通しもよくありませんので、必要最低限の剪定はしてあげてください。

3.ざくろの花言葉

ざくろの花言葉には「円熟した優美」「子孫の守護」などがあります。花は見栄えのするきれいなもので、樹木も老木になればなるほど、そのごつごつした幹に趣が感じられます。ざくろはたくさんの実をつけることから子宝に恵まれる樹木として好まれる地域もあります。

ざくろジュース 激安通販