ざくろジュース

ざくろジュース

ざくろジュース

このページは「更年期障害の基礎知識 」の情報コンテンツです。
ざくろジュース > 更年期障害の基礎知識

豆知識

更年期障害を上手く乗り越える為に

更年期障害は、大変長い期間女性を悩ます症状です。更年期障害の症状、対処法について見てみましょう。

1.更年期障害の症状

いわゆる更年期障害とは、50歳前後の約10年間におこる心身の不調をいいます。症状としては、ホットフラッシュといわれるほてりやのぼせが代表的なものですが、そのほかにも頭痛、めまい、動悸、肩こり、疲労感、情緒不安などさまざまな症状が引き起こされます。体と心、どちらにも影響を及ぼす、苦しい病です。

2.更年期障害の原因

更年期障害の原因は、閉経期が近づくと女性ホルモンであるエストロゲンの量が減少するためです。40歳前後から卵巣の機能が衰え、エストロゲンの分泌が少なくなり、ホルモンのバランスが乱れることから、自律神経や体調などさまざまな悪影響を及ぼします。

3.更年期障害は女性だけなのか

更年期障害というと、女性特有の症状のように感じますが、実は男性にも更年期障害は起こります。男性の場合は、男性ホルモンであるテストステロンという物質の減少が原因です。これは30代から減りはじめ、40代で更年期障害を起こしやすいのですが、女性ほど問題になっていません。これは男性ホルモンの減少が女性のそれよりもはるかにゆっくりと進行していくためと言われています。そのため男性の場合は、あまり症状として強いものがあらわれないのです。

4.更年期障害の兆候

更年期障害がおこる兆候として、端的なものは生理の周期の乱れです。閉経期が近づき、女性ホルモンであるエストロゲンが減少してくると、脳下垂体がエストロゲンをもっと分泌させようとして、性腺刺激ホルモンがどんどん分泌します。そのため、生理の周期が短くなり、人によっては月に2度生理がくることもあります。この期間を過ぎると今度は周期が長くなったりと今までにない変化が起こります。このように生理の周期が乱れてくると、更年期障害について気をつけた方がよいでしょう。

5.更年期障害の治療法

原因は、女性ホルモンであるエストロゲンの減少ですから、治療法としては、エストロゲンを補充するホルモン補充療法というものが行われます。ホルモンの補充法としては錠剤を飲んで補充する方法とパッチをおへそ付近や腰に貼る二つの方法があります。ホルモン補充療法は健康保険が適用されますので、お医者さんに相談して適切な治療を受けましょう。

ざくろジュース 激安通販